NFT

CyberConnect(サイバーコネクト)の設定方法をわかりやすく解説!

 

こんにちは、アヤノです!

今回は「CyberConnect」(サイバーコネクト)でウォレットとTwitterを設定する方法をわかりやすく解説します。

現在Twitterで流行ってるweb3の技術です。

例えばTwitterからアカウントを凍結されて使えなくなったとしても、CyberConnectを設定しておけば、フォロー&フォロワーをブロックチェーンの技術で保存しておけます。

・Twitter

・OpenSea

・rarible.com

・foundation

・context

・ENS

・Mirror

これらをまとめて管理できる分散型ソーシャルグラフです。

CyberConnectの設定にはウォレットが必要です。

まだウォレットを作ってない人は、下記の記事で作り方を解説してます。

MetaMask(メタマスク)の設定方法をわかりやすく解説! こんにちは、アヤノです! 今回はMetaMask(メタマスク)の設定方法をわかりやすく解説します! メタマスクは仮想...

CyberConnectにMetaMaskを接続

 

CyberConnectの公式サイト(https://cyberconnect.me/)を開き、右上の「アプリを起動」をクリック。

 

右上の「Connect Wallet」をクリック。

 

今回は「MetaMask」で進めます。

メタマスクは「イーサリアムメインネット」にしておいてください。

他のネットワークになってると繋がらないみたいです。

 

接続を許可します。

次へ」をクリック。

 

接続」をクリック。

 

これでMetaMaskが接続されました。

 

次に「アイコン」→「View Profile」をクリック。

 

すると自分のプロフィール画面が開きます。

MetaMaskを接続してるので、OpenSea等も一緒に接続できてます。

Twitterを紐づける

 

プロフィール画面の「Verify Twitter」をクリック。

 

Verify Twitter」をクリック。

 

MetaMaskに「署名」します。

 

Send Tweet」をクリックで、自分のTwitterでツイートされます。

 

このようにツイートされました。

 

戻って@から始まる自分のアカウントを入力し「Verify Tweet」をクリック。

エラーが出たら時間を置いてまたクリックしてください。

※わたしは何度もエラーになりました。

 

プロフィールにTwitterのアカウントが表示されたら紐づけ完了です。

 

CyberConnectでフォローする方法

 

CyberConnectのサイトや、Twitterでフォローしたい相手を探します。

見つけたらその人のURLをクリック。

Follow on CyberConnect」をクリック。

 

メタマスクで「署名」します。

 

Following」と表示が変われば、フォロー完了です。

 

CyberConnectで無料NFTをもらう方法

このイベントは2022年1月5日で終了しました。

まとめ

今回は、「CyberConnect」に「MetaMask」と「Twitter」を接続させる方法を解説しました。

コメント機能もあるので、ここでやり取りもできます。

ENSを接続すれば、アカウントにNFTを表示させたり、アカウント名を変えたりできます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

RELATED POST